Jul 17, 2008

Harry Kewell - ハリー・キューウェル

Harry Kewell is no longer a Liverpool player. Instead, he will play for Galatasaray in Turkey.

After so much optimism following his successful spell at Leeds United, Kewell really didn't fulfill his potential at Liverpool. He showed some moments of brilliance, such as that cracking volley against Spurs at Anfield, and moments of 'almost', but never really made a positive impact.

His lowest as a Liverpool player was the 2004/2005 season where he came off injured in two cup finals including Carling Cup and Champions League Final. The latter, coincidentally, turned out to be his best moment as a Liverpool player as the team beat AC Milan in spectacular fashion after going 3-0 down. I am not sure if his "failure" as a Liverpool player is because he just failed to deliver, he got injured a lot, he was forced to play out of position, or all. Having said that, I would like to thank him for his contribution during his spell at Anfield, which should not be ignored.

Now, it looks like there's angry reaction from Leeds United fans against Kewell joining Galatasaray. Back in 2000, two Leeds supporters were killed by Galatasaray supporters when the two teams faced each other in the UEFA Cup semi final. I could see two sides of the story. Firstly, I could see where the Leeds supporters are coming from because football is a very emotional thing among supporters. It's debatable why a player would join a team whose supporters killed supporters of his own team. To make the matter worse, Galatasaray did basically nothing after the incident, and they also escaped punishment from UEFA, understandably for political reasons. I could also see Kewell's argument that you cannot blame Galatasaray as a club for what happened. It's true. Every club has a bunch of idiots. To demonstrate he hasn't forgotten where he started, he chose the number he got when he first got a shirt number at Leeds. Still, I really have no idea why he choose not just Galatasaray but also Turkey as a place to reignite his career, especially with his former Emmerdale star wife Sheree Murphy and three kids back in England!

Good luck Harry. Just don't play well against Japan. :-)

----------

ハリー・キューウェルのリバプール選手としてのサッカーキャリアが終わった。その代わりにトルコのガラタサライの選手としての新たなキャリアが始まる。

リーズ・ユナイテッドでの実績を元に、かなりの期待を寄せられながら、リバプールではそのポテンシャルを最大限に達するにはいたらなかった。トッテナム相手の素晴らしいボレーシュートなど「輝き」を時折見せたものの、「もう少し」というところが多く、ポジティブな結果を残すことはなかった。

キューウェルのリバプール選手としてのどん底は2004/2005年シーズンだ。このシーズン中、カーリング・カップ決勝、チャンピオンズ・リーグ決勝と二つのカップ戦決勝で、怪我で途中交代をする。しかし皮肉にも、チャンピオンズリーグ決勝は、チームがACミランを相手に0-3と負けていながら奇跡的に勝ち、キューウェルのリバプール選手としての最高の夜となった。彼のリバプール選手としての「失敗」は、単に実力を出せなかったからなのか、怪我に泣かされたからなのか、本来のポジションと違うポジションを任されたからなのか、それとも全部が原因なのか。しかしながら、彼の活躍は無視してはならない。キューウェルには「ありがとう」と言いたいと思う。

ところで、キューウェルがガラタサライに入団することがリーズサポーターの怒りを買うことになった。というのも、2000年のUEFAカップ準決勝で二人のリーズサポーターがガラタサライのサポーターに殺される惨事があったからだ。僕は両サイドの言い分ともに理解はできる。サッカーはサポーターにとっては感情的なものだから、リーズサポーターの気持ちは良く分かる。また自分の所属してたチームのファンを殺したサポーター達のチームに入団する、ということには議論の余地があると思う。それだけではなく、当時ガラタサライはクラブとして特にアクションを起こすこともないどころか、政治的な理由からUEFAからの制裁も免れることとなったからだ。一方、キューウェルの言うところの「起こったことはクラブの責任ではない」という議論も理解できる。事実、どのクラブにも「大馬鹿者」は付き物だ。自分の原点を忘れてはいない、というのを示すために、リーズで始めて手に入れた背番号と同じ番号をガラタサライでは付けるらしい。しかしながら、ガラタサライどころかなぜトルコという場所を、再出発の地に決めたのか、いまいち疑問ではある。奥さんで元「エマデール(イギリスのドラマ番組)」のスターのシェリー・マーフィーと三人の子供はどうなるのだろうか。イングランドに残る可能性は大なんだが。

がんばれ、ハリー。ただ、日本と対戦するときは活躍しないように(笑)。

No comments: