Jul 30, 2008

LFC signs Robbie Keane - リバプールがロビー・キーンを獲得

Liverpool signed Robbie Keane.

I am a little bit torn about this signing.

Keane is a striker that I have always admired, I set that record straight. I wanted Liverpool to sign him for a long time, especially around year 2000 when he became an unused sub at Inter Milan. He is very unpredictable, and is thrilling to watch. He certainly proved his worth at Leeds United and most recently at Spurs. His partnership with Dimitar Berbatov at Spurs was a really good one. I still remember that 4-4 thriller between Spurs and Chelski last season where Keane and Berbatov demonstrated the great partnership and the latter almost snatched a winner in the last minute of the game.

Now, the question is the price tag. Liverpool bought Kean for £20 million. Is he worth that much? I don't know. To put things into perspective, we signed Fernando Torres for £26 million.

I think that we paid a lot of money for Keane. But, when price is negotiable, the price set by buyer is all that matters. This is the same as people paying a huge amount of money for something some may say is a junk on eBay or Yahoo! Auction.

More importantly, I am anxious to find out how the partnership between Keane and Torres will work out. Keane's diagonal run would possibly allow Torres more freedom and space for sure. Hopefully, they will establish some good link-up play that we haven't seen from Liverpool strikers for a long time.

Time will tell.

----------

リバプールがロビー・キーンを獲得した。

正直なところ、複雑な気持ちがする。

キーンは僕が好きなストライカーの一人であることをまずはっきりしておくことにする。僕はリバプールがキーンを獲得することを長い間、特に彼がインテルでまったく使われない補欠に留まってた2000年あたりに望んでいた。キーンは予測がしにくくて、またスリリングなストライカーだと思う。リーズ・ユナイテッドとトッテナムでその価値を存分に知らしめた。またトッテナムで組んだディミター・バーバトフとのパートナーシップはなかなかのものだった。特にトッテナムとチェルシーの4-4で終わった試合では、キーンとバーバトフのパートナーシップが冴えて、試合終了間際にバーバトフがあわや決勝ゴール、というところまで行った。

ここで問題なのが契約金。リバプールはキーン獲得に2千万ポンド払った。キーンはそれだけの金額の価値があるのだろうか?ちなみに比較のために言うと、フェルナンド・トレス獲得に当たってリバプールが払ったのは、2千6百万ポンド。

正直、キーン獲得に当たって、ちょっと高い金額を出したと思う。でも、価格がオープンのケースでは、一般に購買希望者が提示する金額だけが意味を成す。たとえば、eBayとかYahoo!オークションで普通の人がガラクタと思うようなものをかなりのお金を出して買う人がいるのと同じことだ。

そしてより重要な点、それはキーンとトレスのパートナーシップがうまく行くかどうか。キーンの鋭角にディフェンスを誘うような動きによって、トレスがもっと自由にスペースを使うことができるのは間違いないと思う。そして、ここ数年のリバプールのフォワードには見られなかったリンクアッププレーを作り上げて欲しいと思う。

これからが楽しみだ。

No comments: