Oct 13, 2008

サポーターの権利? - Are supporters entitled to boo players?

イングランド対カザフスタン、結果的にはイングランドが5-1で勝利したけど、ハイライトを見てもまたいろんな人の話を聞いても前半はスパークに欠ける内容だったみたいだ。

さらにはイングランドが2-0でリードした後、キャッシュリー・コールのとんでもないミスから弱小カザフスタンに1点を献上。恒例のごとく、一部のイングランドサポーターはキャッシュリーをブーイング。これまでの新ウェンブリー・スタジアムでのイングランドの試合でもランパード、ベントレーがそれぞれ違う理由で同様にブーイングを浴びた。

イングランド監督のファビオ・カペッロもこれには難色を示した。それにしてもキャプテンのファーディナンドはブーイングしたサポーターたちを「弱虫」、「恥ずかしいと思え」と呼ぶ始末。

ということでイングランドでは「サポーターにはブーイングをする権利があるか?」という議論が。これまでも度々沸き上がった議論でもある。この問題はリバプールでもジェラード・フリエが監督時代に体験したことだ。そして今でもアメリカ人オーナーの二人に対して時折デモをしなければいけない状況にある。

正直僕自身、両方からの見方ができるが、サポーターには何らかの形で感情を表現する権利はあると思う。結局、試合に行ったりグッズを買ったりすることで何らかの形でお金を払ってるサポーターがいることで始めてサッカーは成立するものであるからだ。ただし表現するにも条件付だと思う。ネガティブな感情を表現する理由もそうだし、その表現の仕方も。これは日本独特のものだが、チームの経営陣がサポーターたちと緊急会談みたいなのを開いてサポーターたちが経営陣に罵声を浴びせて経営陣が土下座して、みたいなのは案としては面白いかもしれないが正直如何なものかなと思う。また、選手がミスを一つしたことに対して挙ってブーイングするのもどうかと思う。あまりにも不甲斐ないパフォーマンスだったというならまた話は違うが...。

----------

Although England beat Kazakhstan by 5-1, it seems, from the highlights I saw and words on the street, that the first half was a bit of shocker.

To make the matter worse, England gave away a cheap goal from Cashley Cole's mistake while leading by 2-0. Surprise, surprise, a section of England supporters booed him. Cashley isn't the only one who suffered booing at the new Wembley Stadium. Lampard and Bentley also suffered for different reasons during previous matches.

England coach Fabio Cappello expressed his dissatisfaction. In the meantime, England captain Rio Ferdinand labeled those supporters 'coward' and 'they should be ashamed of themselves'.

They are debating 'are fans entitled to boo?' in England now. It's not the first time this debate came up in football. Personally speaking, this was a talking point at one point when Gerard Houllier was still in charge of Liverpool. We are also protesting on a few occasions against the American owners.

In all honesty, I can see this from different perspectives. But I think that supporters are entiled to express their feelings and opinions one way or another. In the end, football won't be there without all these supporters spending a lot of money on tickets, goods, and all that. Having said that, they can express their feelings on conditions, including in what circumstances they can do so, and how. Although this is fairly unique to Japanese football, I am not sure about the team's management and supporters organise a meeting after team's defeats where supporters express their anger while the club management apologises. Also to the point of this argument, I don't think it's right to boo a player after they made one mistake. It's a completely different story if they were poor with no passion of course...

No comments: